2018年7月10日火曜日

洪水で広がるレプトスピラ症

2週間ほど前に、マニラでは洪水が多く、悪臭を放つ河川や下水からの水が溢れてくるという投稿をしたら、その汚水から広がる病気の感染拡大情報が、在マニラの日本大使館からメールで送られて来ました。

レプトスピラ症という感染症、私は初めて聞く名前。
ネズミ、犬や猫の、フィリピンではあらゆる場所にいる動物に寄宿する、病原性レプトスピラ(細菌)が、尿中に排出され、それに触れたり、汚染された飲食物を口にしたことにより、人間に感染するというもの。

東南アジア諸国、特にタイでは、7〜10月の雨の多い季節を中心に、数千人規模の患者が出ている。そして今年の雨季、フィリピン保健省がマニラ首都圏などでの、感染拡大を宣言したというわけです。

症状は、風邪・頭痛・腹痛などの風邪に似たものから、重症だと黄疸や出血を伴う「ワイル病」(黄疸出血性レプストピラ)となって、死に至ることも。

読むだけで、いかにもヤバそうだし、熱帯特有の恐ろしい病気だと思ったら、実は40年ほど前まで、日本でも年間50人以上の死者が。古くは「秋疫(あきやみ)」「七日熱(なぬかやみ)」「用水病」と呼ばれ、今でも下水道工事従事者や、畜産関係者の職業病なんだとか。全然知りませんでした。

普通に考えて、洪水に浸かったりしたら、体に良くないのは当たり前だとは思ってましたが、やっぱり相当危険なことになるんですね。マニラに比べれば、ここシライはそれほど洪水は多くないけれど、自宅前の道路に、たまにくるぶしぐらいまで水が来ることもある。

ネズミもいるし、ヤギや水牛もいる。犬・猫なんて、ひょっとすると人間より多いんじゃないかというぐらい。これは本当に気をつけないと。

そう言えば、我が家の新しいメイドのライラおばさん。料理の手伝いで野菜のカットを頼んだら、キャベツでも白菜でも、すごく念入りに洗います。もちろん私もやりますが、そこまで一生懸命にはしないというぐらい。

メイドさんだけではなく、家内にしても、買って来たバナナや卵を洗剤で洗ってるなぁ。やっぱり熱帯のフィリピンで生まれ育つと、そんな習慣は、小さい時から叩き込まれるものらしい。実際に、感染症で亡くなる乳幼児が多いですからね。

【追記】
レプトスピラを知ってるかとライラに訊いたら、旦那さんが子供の頃、従兄弟が犬からの感染で亡くなったんだそうです。恐ろしい...。


0 件のコメント:

コメントを投稿