2018年6月7日木曜日

楽して暮らして何が悪い


かなり挑発的な、釣りっぽいタイトルを付けてしまった今日の投稿。でも、単なる煽りではなくて、最近私は、本当にそう思っているんですよ。55歳という私の年齢的なものは関係なく、また仕事をしていないからでもない。

ネグロス島で起業した日本の若者と、現地の従業員雇用について話していた時に出てきたキーワードが「だって楽をしたいじゃないですか」。これだけ切り取ると、怠けたいとか、手抜きしたいみたいで、「母に捧げるバラード」の武田鉄矢に「そん時ぁ、死ね」と言われそうですが、そういう意味ではありません。

つまり、優秀な従業員を雇い、現場をできるだけ任せて楽になれば、自分はさらに上の次元にシフトできる。事業のさらなる深化や拡大、多角化などなど。これは、私が勤め人の時代に、直接聞いた経営者の言葉とほぼ重なります。

昇格したい、組織の責任者になりたい、と望むのならば、自分がいかに楽をできるか、部下に任せるかを考えよ。いつまでも自分がすべてを抱え込んで、忙しい振りをするなということ。人に任せるだけでなく、仕事の効率化についても同様。

そんな至極真っ当な意見の人がいる反面、「胃を痛めて、やっと一人前」と無意味な精神論を押し付ける上司がいたのも事実。私の専門だった家電製品デザインで言うと、主力機種のデザインを担当すると、決定までのプロセスが恐ろしく面倒。

デザイン職場の偉いさんだけでなく、企画・技術・営業、そして経営トップまで、気の遠くなるような大小の会議の積み重ね。途中で一回でもリジェクトを食らったら、また一からやり直し。しかも、リジェクトの理由が「ワシはこのデザイン、嫌いや」だったりする。

今思えば、なんて効率の悪い無駄な仕事をしていたことか。どう考えても決定プロセスに致命的な欠陥がある。こんな無限地獄で迷子になっているうちに、ライバルの韓国メーカーは、さっさと新しいアイデアを商品化して、結果的に後追いになる悪循環。近道があるのに、わざわざ歩きにくい荊の道を、傷だらけになって歩かされているようなもの。マゾやなぁ。

もし、仕事の進め方そのものを見直すべきだと提言しても「お前が楽をしたいだけやろ?」と言われたでしょうね。それでも当時は、結構な給料を貰ってたし、今ほど物が売れない時代でもなかったので、あまり深く考えもせずに我慢してました。

時は流れて、フィリピン暮らしの日々。
こっちで生活してよく分かるのは、別に苦労しなくても、少し頭さえ使えば、幸せに生きられるということ。会社勤めが嫌なら、自宅で出来る事を考えればいいし、家事がたいへんならばメイドさんを雇えばいい。(と書くと、メイドに家事を任せるなんて、家族への愛情が足りないと、意味不明なことを言う人もいますが。)

要は、いかに楽に生きられるかを常に考えて、今のやり方、生き方で我慢しない。これは何も私が特別に恵まれていたとか、特殊な才能があったからではありません。自分の生き方なんて、一歩前へ踏み出すほんの少しの勇気があれば、いつだって変えられる。

もちろん、求める生き方を実現するには、準備期間は必要です。前にも書いたように、好きなこと、夢を実現するための努力は、ちっとも苦労とは思わない。むしろ、そのプロセスが楽しくて仕方ありませんでした。もっと早くそれに気づくべきだったと後悔するほど。

これを読んでいる若い方、若い頃の苦労なんて、全然する必要ないですよ。やりたくない事をいくら我慢して頑張っても無駄。それより、やりたい事に打ち込んで楽しんでください。その視点に立つと、今の時代は日本国内に籠ったり、大きな組織に属したりするのは、デメリットの方が大きい。どんどん、外に飛び出しましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿